スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blogへ人気ブログへにほんブログ村へBlogPeopleへ

ミス・リプリー 見終わりました

2011年 미스 리플리  全16話



みすりぷ


CAST
ユチョン
イ・ダヘ
キム・スンウ
カン・ヘジョン

STORY
幼い頃、母親に捨てられ、父親を亡くしたチャン・ミリ(イ・ダヘ)は日本に養子に出されるが、養父の借金のために水商売で働く辛い日々を送っていた。 ようやく借金を返して韓国に戻ったミリだが、コネも学歴もない彼女が仕事に就くことは難しかった。滞在ビザが切れる直前、韓国随一のホテルであるホテルaの総支配人チャン・ミョンフン(キム・スンウ)と出会った彼女は、仕事を得るために"自分は東大出身だ"と嘘をついてしまう。 一つの嘘をきっかけに、次々と嘘を重ねて成功していくミリ。しかし、国際的企業のモンドグループの御曹司ソン・ユヒョン(ユチョン)と出会い、はじめて心から人を好きになるが・・・。

サスペンスの巨匠パトリシア・ハイスミス原作の映画「太陽がいっぱい」(The Talented Mr. Ripley)の主人公の名“リプリー”からタイトルをとった本作「ミス・リプリー」。映画では、主演のアラン・ドロンやマット・デイモンのように男性が主人公だが、このドラマは貧しく虐げられて育ったヒロイン(チャン・ミリ)が、生きるために手段を選ばず人を巧みに騙しながらのし上がっていくスリリングな恋愛劇。また、韓国で実際にあった「シン・ジョンア学歴詐称事件」をモチーフにしており、“美術界のシンデレラ”と呼ばれた女性シン・ジョンアがこのドラマのヒロインのモデルとなっている。



見終わってからミス・リプリーって何でついたのかなと思ったらこういうことでしたか・・・。


8話ぐらいまでミリのうそとやりたい放題のキャラにイマイチ乗り切れず、そして二股で話題になったし○やもびっくりの二股ぶりに呆れ・・・。
泣きながら何かを訴えても嘘っぽく見えてしまったり・・・オオカミ少年と同じですね。
ミョンフンもユヒョンもミリの美貌と嘘にだまされていくんですよねー。
そしてミリの嘘が暴かれていくのですがそこに「母親」の存在が加わり、韓国ドラマチックになっていきました。
嘘がばれるあたりから面白かったんですけど・・・。
日本で働いていたときの男性もミリを好きだったってオチがなんじゃそりゃって感じできれいならそれだけでいいんかいって突っ込みたくなりました。

そして最終回。
まぁみんなそれぞれの道へっていうのはいいけどミョンフンが何で医者になってんの
なれないでしょありえないでしょ

ユチョンの役はいいキャラだったんじゃないかな。
それにしてもユチョンは作品に恵まれてますね。
出る作品、出る作品、高視聴率

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2 Blogへ人気ブログへにほんブログ村へBlogPeopleへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


参加しています
人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
Popular Pages Ranking
2009.11.13~
Ad4
Counter 2009.4.5~
Ad2
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

るなるるるん

Author:るなるるるん
ドラマ、映画、音楽、懸賞、日々のあれこれ

リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

美容整形
  ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。